11月12日抗酸化食品、抗糖化食品を心がけましょう(^^)/

こんにちは!デイジーの黒井です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

暖かい日が続きますが、

秋も深まり、冬に向けての準備はいかがですか?

これから12月にむけ何かと忙しくなる時期です。

体やお肌も着々と脂肪を蓄えボディラインがくずれ、タルミやホウレイ線をつくる

季節となります”(-“”-)”( ゚Д゚)

知らぬ間にそうならないために今回は以前もお伝えした

抗酸化食品、抗糖化食品を摂取する習慣を、、、(^^)/やはりこれらは

大事ですね(^^♪

抗酸化食品とは

体内で発生した活性酸素(発がん性)を除去し、老化や体形維持に

効果のある食品。

毎日、高い指数の抗酸化食品を摂ることで体内の酸化ダメージを減らすことができるんです。

最も抗酸化が高いのはベリー系、次にフルーツ系、次に緑黄色野菜です。

日常的にとることを心がけましょう。

抗糖化食品とは

体内のキャラメル化を防ぐ調理法。

高温調理により糖化最終産物が大量発生する事で

同じ食材でも高温で調理するほどリスクが高くなります。

外食やファーストフードが体に良くないのは何よりも高温調理であることが

問題なのです。

内臓や血管でも糖化は進行してしまい

動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病、しみ(体内の糖化や表面の糖化)くすみの原因

でもあります。

老化により肌の弾力がないなども糖化です。

同じ鶏肉でも水炊きや蒸し鳥にするのと焼き鳥や唐揚げにするのとでは

糖化産物が全く違います。

唐揚げやフライは10倍老化しやすいとのこと”(-“”-)”

糖化産物が最も少ないのは生食です。お刺身や生野菜を取り

できるだけ煮るか蒸すか!焼き料理を減らすだけで体内の浄化になります(^^)/

毎日とる食事から見直す事で疲れ、肩こり、冷え、眼精疲労、精神疲労、お肌の老化などなど

さまざまな良い結果につながります。

少し気をつけるだけで、体の調子が回復したり、体重が落ちたり、肌がツヤツヤしたり

と12月にむけ、ちょっと心がけてみましょう(^^)/

これから年末にむけ全身のデトックス回復メニューなど

オススメコース盛りだくさんです!!

ぜひ美しく、素敵な新年のために

ご来店くださいませ🎶お待ちしております。