6月5日なぜか老けない人の共通する習慣(続編)

こんにちは!デイジーの黒井です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

5月18日に続く内容です(^^)/

なぜか老けない人には素晴らしい習慣があるのです。( *´艸`)

知りたいですよねー♪

では早速!!

⑦腸内環境を整える。

腸は第二の脳と呼ばれ、神経細胞がたくさんあり、免疫細胞の7割が集まっています。

腸内を健康にするには水分、食物繊維の豊富な食事を摂り血行を良くする運動が大切。

100億を超える腸内細菌が免疫システムをサポートしているので発酵食品や酵素を

たっぷ摂りたいものですね(^-^)ぜひ実践してみて(^^)/

 

⑧抗酸化食品を摂る(高ORAC食品)とは

体内で発生した活性酸素を除去する効果のある食品

プルーン、レーズン、ブル―ベリー、イチゴ、ケール、

ほうれん草、芽キャベツ、ブロッコリーetc

この活性酸素の体内の量が老化に結びつくカギにもなります。

体内貯金ができないので、毎日きちんと摂りたいものですね(^^)/

簡単には果物(ベリー系が高酸化)を毎日、摂ることを日課にしてみて下さい。♪

⑨オメガ3とオメガ6のバランス

動物系の油は血液をドロドロにします。ほとんどの油がオメガ6の油です。酸化しやすいため

体内で炎症がおこります。(≧▽≦)

得に積極的に摂りたいのはオメガ3です。

脳、肌、老化防止、病気予防、すべてにおいて重要な栄養素です(^^)/

亜麻仁油、エゴマ油、ゴマ油などがオススメ。オリーブ油もOKです。

ウナギ、イワシ、マグロ、サーモンの魚には豊富に含まれています。

毎日摂りたい食材です。

できるだけ外食は減らし肉より魚!揚げ物は辞めたほうがベストです(/・ω・)/

私もそうですが魚を毎日とれないのでサプリメントでオメガ3、6を摂取する事が

現実的な選択肢になります。

⑩抗糖化食(低温調理)

同じ食材でも高温で調理するほど老化リスクは高くなります。

外食やファーストフードが体に悪いのは高温調理であることも

大きな問題です。糖化最終産物(AGES)が大量に発生するからです(*_*;

最近では抗酸化と抗糖化が大切だと言われます。酸化がサビ!糖化はキャラメル化!です。

肌の弾力がなくなるのはコラーゲンの糖化なのです(;O;)

肌だけではなく内臓、血管、、、動脈硬化,心筋梗塞などの原因にもなります。

やはり揚げ物や唐揚げは最悪だそうです。(;O;)

生食や刺身は(AGES)が最も低いそう。

できるだけ煮るか、蒸すかの料理がオススメ!揚げ物禁止!!(笑)

⑪徹底的に紫外線を避ける

肌老化の90%は光老化だと言われています。

日焼け止めを軽く考えず肌に負担がなく、紫外線から守れ、安心安全な

日焼け止めにチェンジして下さい。

そしてビタミンCを摂取し肌へのダメージを最小限に!

これもそうですが簡単にサプリメントがオススメです。

⑫積極的にサプリメントを利用する

私がアンチエイジングに(健康も)最も効果的だと思う習慣の一つが

サプリメントの利用です(^-^)

日本はまだ「サプリにたよりすぎてはいけない」

という意見が多いですが時代の変化や老化と健康と考えると

やはり健康で若くキレイな人はぼサプリメントを利用しています。🎶

今は日本もサプリの品質や価格ともにクオリティがあがってきました。

毎日の食生活の中で摂取しにくい栄養素は迷わずサプリを

利用するべきだと思います(^^)/

私自身、長年サプリに頼りきっています(^^)/

以上!

⑫項目にわたり老化の原因についてつづりましたが

いかがでしょうか?( ^)o(^ )

知らない間に老化する病気になる習慣が身につきはじめていますね。

でも、できることから少しづつ一緒に頑張ってみましょう!!

ここからがスタートです(^^)/

私も今までの悪い習慣の改善頑張ります!!

では長文拝読ありがとうございました☆