7月3日梅雨時期のカラダのだるさや体調不良

こんにちは!

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

デイジーの黒井です。

7月にはいりました(^^)/梅雨ですねー(毎日がジメジメ、ベタベタ)

梅雨時期を気分よく過ごす方法!皆さんぜひ取り入れてみてくださいね

梅雨時期はカラダがだるい、頭が重い、めまい、病弱、、など体調不良が起こりやすい時期です。

空気中の湿気の高さ、体内に余分な水分がたまりやすい時期。

この体内の不要な水分がだるさや疲労感、倦怠感、肩こりなどを引き起こします。

日頃から天気に左右される体の方はさらに余分な水分がたまりやすいということですね(>_<)

さらに冷えやむくみが悪化してしまいます(顔、首、デコルテ、足などのむくみ)

カラダの水はけを良くする方法を日頃から取り入れましょう。

体内に余分な水分が溜まっていると、「気」「血」の巡りを停滞させ↑の不調が起こるのです。

他にもサインとなる症状をチェック!

胃腸の調子が悪い

胃のあたりのタプタプ感

下腹部ぽっこり(張り)

頭が重い(頭痛)

手足が冷えやすい

疲労感、乗り物酔い

舌の垢が厚くなりネバネバ

虫さされのあとが消えにくい、、、など

水分をしっかりとって全身の流れをスムーズにして血液サラサラにと、なるところが

体内に水分停滞があると水分をさらにためこんでしまいます。そうすると、、、

体の冷え、体温低下、代謝がおちる、排泄機能低下、内臓機能低下、悪循環に!

この時期は余分な水分を排出できる体作りがとっても大切なんです。

↓この3つを今日から毎日取り入れてみてくださいね(^^)/

①お風呂で汗を流す(湯船に入る習慣をつけましょう)体温低下を予防できます。

②マッサージトリートメントとスポーツ(筋トレやストレッチ)筋力アップ

筋力が不足するとリンパは流れず代謝がおちます。

③代謝アップの食事(サプリメント)利尿作用、発汗作用のもの

利尿作用=小豆、冬瓜、アサリ、きゅうり、トマトなどの夏野菜、腎臓の働きをたすけます。

ただ夏野菜は体をひやすため、発汗作用のものと一緒にとったり↑の①②は日々の習慣にしてください。

発汗作用=ねぎ、しょうが、しそ、かぼちゃ、ニンジン、体を温め、夏バテ防止

余分な水分がなくなれば全身の血液とリンパ液がスムーズになるため、老廃物をためにくくなり、

代謝もあがりカロリー消費もアップ。健康で太りにくいカラダになっていきます。

7、8、9月とキャンペーンがあります。

ぜひこの機会に体をスッキリさせましょう(^^)/